2014年01月30日

スキー行ってきました

スキージャム勝山。関西では一番大きいスキー場、らしいです。ここがたまたま家から一番近いので、コースはよく知っています。
なぜか砂漠みたいに晴れていて、冬の北陸にしては不気味なくらい雲がありませんでした。
「どっか近くの宇宙で超新星爆発でも起こって、雲がフッ飛んだんじゃねーか?」とか思いましたが、翌日には普通に雨が降りました。
平日なのになぜかかなり人が多かった。

初級〜中級向けのバラエティコース
IMG00056.jpg
IMG00075.jpg
コースにはそれぞれ難易度に応じて名前があります。
スキー場全体の開始コースでもあり、中級車向けのコースですが、迂回路が用意されているので、ド初心者でも滑れます。
なぜかラストが一番急斜面で、初心者にとっては「最後に最大の恐怖が待ち受けている」という構成になっています。
途中で30度近くの急斜面があり、加えてモーグル(コブ)コースになっていた場所があるのですが、これは近年、コブが取られて平坦になりました。この部分は初心者にはきつすぎて、クレームでも来たんでしょう。
初心者に30度でコブというのは、超ハード斜面です。以前は度胸試しみたいで面白かったんですがね。
当然、なだらかな斜面のほうが走行距離は長くなるので、初心者用の迂回コースを滑っていると、腕は上がりませんが、のんびり滑降を楽しめます。何も考えずに山中をぐるぐる回るのも一興。

中級向けのファンタジーコース
IMG00063.jpg
IMG00065.jpg
IMG00070.jpg
IMG00073.jpg
おそらく一番人が多いコースで、滑ってて楽しいコースです。
2人以上で楽しくすべるならここ。だから人が一番多い。
かなり標高の高いところから長距離すべるので、バリエーションもあります。晴れていれば絶景が楽しめます。
高速走行もやりやすく、いろいろ楽しい。速度を出すときは人に迷惑をかけないように、できるだけ空いたところを滑ります。

上級向けのイリュージョンコース
IMG00077.jpg
中級あたりまで適当に滑っていたのですが、上級にきてさすがに練習不足というか、3年くらいスキーしてなくて、そのブランクを思い知らされました。
かなり不安定で、上手く滑れない。速度が出ない。
独特の緊張感があって、ファンタジーコースとはまったく異なります。

まず、人が少ない。絶対人数が中級コースよりも圧倒的に少ない。加えて滑りに来るのは猛者ばかり。
中腹あたりでボケッと突っ立ってると

「おいおい、ここへ来るってことはお前もそれなりに自信があるんだろ?それとも何か、自称上級者のヘタレが調子に乗って迷い込んだか?ハッハー!」

といわれているような気がする(笑
いやもちろん皆さんそんなことは思っていないのですが、しかしなんとなく漂う張り詰めた雰囲気と緊張感。
上を見ても下を見ても、中級とは比較にならない急斜面。引き返すこともできず、進むのも恐怖となると、もはや己の力を信じて先へ進むしかないという、恐怖との戦いになってきます。
滑り方がハードになるので、初級コースの10倍は疲労する。
結局、1回滑って中級コースへ引き返しました。なんか妙に敗北感があるので、今度行くときは上級コースでハイスピードに滑降してやりたいんですがね、しかしあの「急斜面の恐怖」はなかなかのものです。

超上級のエクストリームコース
IMG00076.jpg
ただの崖。ドMコースとも自殺コースともいう。
いつ見ても誰も滑ってない、需要があるのかどうか不明なコースです。40度。
このコースへ行くと勇者になれます。命の保障はありませんが。
激しいモーグルコースになっていて、普通にスカッと滑ることはできません。真横から見ると60度くらいに見えます。滑るというより「落ちる」感じ。
コケると10mくらい転がります。体を鍛えておきましょう。


スマホのスピードメーターで、今回の最高速度を計ったら80キロ出てました。
そんなもんか……でも人の多いところでは危険なのでやめましょう。転んでもかなりの距離転がるため、念のためできるだけ人のいなさそうなところを走ります。ただし上級コースでは皆さん60キロくらいは普通に出しています。
かなりの速度で転んでも、雪面なので怪我することはめったにありません。スキー板もいろいろ考えられていて、危険な状態になると自動で外れるようにできています。
本当に危険なのは障害物に向かって転んだときであって、特にその障害物が「人」だとまずいことになります。リフトの鉄柱に当たるのも危険なので、スピードを出すときは広くて人のいないところを走ります。あと準備運動をしっかりしてないと大怪我することがあります。

とりあえずスピード狂なのでこれくらい出せれば満足……ちなみにスキー板は、速度に比例して不安定になり、こけやすくなります。速度が大きいほど、カーブやブレーキをかけるときに大きな力が必要で、転びやすくなります。わずかな雪面の状態の変化でブッ飛びやすくなります。前方の雪面の状態をしっかり目で確認しながら走らないと、予想外の挙動で転ぶことがあります。
上級コースに行ったり高速走行してる時点で怪我の危険は常にあるので、まあ準備運動とかね、普段から運動して体を鍛えておいたほうがいいですね。
翌日は全身筋肉痛です。

最後に、リフトから見た景色。
IMG00067.jpg
posted by Valley at 21:49| 日記