2014年10月20日

新曲「天使の時」

新曲「天使の時」

別にカッコつけて「天使」なんて言葉使ってるわけじゃなくて、こいつは葬送曲(レクイエム)なのです。歌詞もまったくそのような内容です。

ずーっと前、それはもう10年位前に、思いつきでこんなピアノ曲を作りましてですね、たぶん10分くらいで作ったものですが



こいつを改良してまともな曲にしてやろうと、今回作ったものがこちらです。こちらは作るのに10時間以上かかっています。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24735892

しかしこいつは、ピアノのみで聞いたほうがいいかもしれません。以前もなんか申し上げた気がするのですが、こういうゆっくりな強い抑揚のついた曲は、ボーカロイドのもっとも苦手な分野だと思うんですね。演歌とかオペラとか、そういうの。
そういうわけで、ピアノのみバージョンも追加しました。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24735829

何で10時間もかかるのかというと、大半はそれぞれのパートの音の高さの関係がおかしくならないように、計算する手間です。
それらのパートが、「ほかのパートと同時的におかしくならないようにする」のと、「時間的に不自然なつながりにならないようにする」の2つ。
10分で作ったほうは、単にコード(和声)の上に旋律をつけただけなのですが、今回作ったものはすべてのパートが旋律のようになっており、極端な話、メロディがなくてもそれなりに聞こえるわけです。
なのでついでに、伴奏だけ聞いた場合がこちら。メロディを抜いたもの。



こういうのを対位法というので、特にオーケストラや古典音楽では重要視されてきました。ポピュラーなどの流行曲では、あまり知らなくても平気です。
やたら時間がかかるのは、このタイイホーのせいなのです。コード分析とかやってみると、音符一つごとにコードが変わるので、何が何やらわからなくなるかも。ベースの動きを追えば割とわかりやすいですが。
和声というものは、実は旋律が同時に進んでいるとき、不協和音にならない縦の線(同時に進行するメロディ)を一般法則化したにすぎないもので、コード進行の規則とかは、本来不要なのです。
音楽が音楽として成立する最低限の法則は、対位法と音楽形式であって、和声進行は無視しても音楽として成立します。
しかし再生数伸びませんね。もちろん最初からわかってて投稿してます。こんだけいろいろ説明できるなら、音楽投稿するより音楽の先生にでもなったほうがいいかもしれません(笑

どうでもいいけど、音楽の最後に「ドッ」っていう小さい音が聞こえます。これはなんと、ピアノのペダルを踏んで演奏していたものが、演奏をやめるときにペダルを外すときの音なんですね。ピアノ弾く人はわかると思いますが。
割と上質なピアノのソフト音源を使っているのですが、ここまで再現せんでもええんとちゃうんやろうか(笑
最近の企業のソフト音源の凝りっぷりはすさまじいものがありまして、もはや人間の演奏よりも上手に、リアルに聞こえることもしばしば。
しかしそれは、あくまでスピーカーを通して聞こえる音であって、生で演奏を聴く迫力には到底かないません。
どうしても再現しきれないものがあるのです。こういう「箱」からばかり音を聞いていると、そういうところがわからなくなったりします。
これは映像でも同じことで、写真やビデオではどうしても再現しきれない「何か」があるんですね。そこまで再現しようと思ったら、やはり本物の楽器を使って演奏するしかないんですよ。
posted by Valley at 23:06| 日記