2014年09月09日

M3というイベント

妙に惹かれる曲というのがあって、好きではないんだけれども、何か不思議な魅力がある。
ラヴェルの「鏡」というピアノ組曲で、
http://www.youtube.com/watch?v=0VdZR3deNdI
しかしこいつは題名を知らないと理解しにくくなります。

1.蛾
2.悲しげな鳥たち 4:38~
3.海原の小舟 8:40~
4.道化師の朝の歌 16:03~
5.鐘の谷 22:40~

聴いてみると、ああなるほど、と思えますね。蛾の飛んでいる様子とか、船が波に乗っている様子とか、「鏡の谷」ってのは独特ですが、まあなんとなくわかるような気はする。曲の様子からして、なんとなく水晶の洞窟のようなイメージが出てきますね。
純粋に音楽と聞いてしまうと、わかりにくい。特にわれわれはポピュラー音楽など、歌モノに慣れているせいか、旋律を人間の声として聞いているようなところがある。
こいつの楽しみ方はね、マニアックな人たちは4度和音だの多調だのとわけのわからんことをいうのですが、それよりも映画のワンシーンのような想像をするとわかりやすいです。
映像と音楽を同時に楽しむような感じで。そう考えると曲を聴くのが10倍楽しくなる。
昔はこの曲がなかなか理解できずに困ったものです。楽譜を見てもトンチンカンな解釈しかできなかったし。

この組曲の中で一番有名なのは、4番の「道化師の朝の歌」で、よく演奏されるそうですが、まあ有名かどうかはどうでもいいです。
私見ですが、クラシック音楽で有名な曲というのは、本当にクラシックが好きな人は見向きもしない作品が多いものです。
たとえばショパンのノクターン2番。
http://www.youtube.com/watch?v=tV5U8kVYS88
こいつは専門家の間でも「しょーもない曲」とすこぶる評判が悪く、ショパン自身もあまり評価してなかった様子。
本当にクラシックの好きな人はね、13番が好きなんですよ。
http://www.youtube.com/watch?v=-7mntyrW3HU
8番。これもいい。
http://www.youtube.com/watch?v=WJ8RVjm49hE
16番。独自の崩れた形式を持っていて、ちょっとわかりにくいけど、旋律の絡み合いが楽しい曲。
http://www.youtube.com/watch?v=TbPDxbUp0_g
私は7番とかが好きだったりしますが、これ好きな人はクラシック好きな人でもあまりいないですね。専門家の間では評価が非常に高かったりするのですが。
http://www.youtube.com/watch?v=QAcAWWU_0mE


10月の下旬にM3という、音楽専門の同人イベントがあるんですが、それに行こうと計画しています。サークルではなくて単なる客としてですが。
最近は「どういう需要があるか」というようなことばかり考えていて、作品への情熱を見失いがちでした。
しかしダ・ヴィンチがいうように、「芸術というのは魂がこめられなければ完成しない」というごとく、熱のこもらない作品は、わかる人にはわかるものです。わかるというより「バレる」んですね。

ダ・ヴィンチのいう「魂のこめられた作品」に、一つでも出会えれば、東京に行くだけの価値は十分にあるというものですよ。
しかしなかなかないのです、そういう作品が。「やりたいようにやる」なんて、同人の特権だと思うんですがね。ネットを探るとちょこちょことあるんですがね。


自分もノクターン集出したいね。
いや、ピアノ協奏曲を出したいね。

次々回のM3には何かもっていけるように、考えておきます。
ホンマに時間なかったらどうしようもないんですが。
しかしなんだな、昔は自分の作品にもかなり満足していたのに、最近作るものは、完成度は高いけど満足できない、そんなのが多い。
たぶんね、技術を前面に出しすぎているんですよ。熱が足りんのです。
posted by Valley at 22:48| 日記